ゴールドラインハーフビークHemirhamphodon tengah Collette, 1991

  • 記載

    Anderson, W. D., III and B. B. Collette 1991 (July) Revision of the freshwater viviparous halfbeaks of the genus Hemirhamphodon (Teleostei: Hemiramphidae). Ichthyological Exploration of Freshwaters v. 2 (no. 2): 151-176.

  • 分類

    ダツ目 サヨリ科

  • 原産地域

    東南アジア

  • 原産地

    ボルネオ, インドネシア

  • 成魚サイズ

    6cm

  • 流通名

    ゴールドラインハーフビーク, ゴールドスポットハーフビーク

在庫情報

2019.03.31更新

  • 1尾

    750円

今までのハーフビークの色彩を覆すような
派手な色彩を持っています。
性格は他のハーフビーク同様、縄張りを作り
他の個体を攻撃するため、複数飼育には
ある程度の水面の面積が必要になるでしょう。
細かい人工飼料にも餌付きます。

全長約4cmの個体をご提供します。
1尾¥750。

送料:基本はヤマト宅急便にて配送。東京からおおよその規定料金とします。
同梱も可能。

配送:東京荒川区の店舗から往復30分内外の地域へ配送致します。
料金は一律¥900です。内容は生体、器具などです。
配送時間はご相談ください。
メリットは生体が当日着きますのでダメージがありません。
発泡スチロールなどのごみが出ません。
宅急便より割安です。まとめ買いは非常にお得。

注意:お受け取り日時の指定が無い場合、即日発送、もしくはこちらの都合で発送致します。
お受け取り日時は、都合により変更になることがありますので、
悪しからず、ご了承ください。
店頭での販売は、即決価格になります。

詳細説明

きわめて細い体型を持ち吻部は短く尖り、下額が突出する。
目は大きく頭高の1/2以上を占める。
背鰭、尻鰭、腹鰭は極めて後方に位置する。
雄の背鰭、腹鰭、尻鰭の前部は赤く染まる。
尾鰭上下の軟条も赤く染まる。
下顎にも赤いラインが通る。
体側中央部に金色の破線、腹部下方に金色の線が走る。
体側の破線は、実線に近い個体もいる。
ヘミランフォドン Hemirhamphodon は、東南アジアに分布する淡水サヨリとも呼べる魚類で、現在9種が認められている。
形態的にも変化があり色彩も綺麗で観賞価値は高いが、あまり輸入されることはなく、種類も限られている。
性格は他のハーフビーク同様、縄張りを作り他の個体を攻撃するため、
複数飼育にはある程度の水面の面積が必要。

  • 成魚 雄
    成魚 雄
  • 成魚 雌?
    成魚 雌?