ジュルパリSatanoperca jurupari (Heckel, 1840)

  • 記載

    Heckel, J. J. 1840 Johann Natterer's neue Flussfische Brasilien's nach den Beobachtungen und Mittheilungen des Entdeckers beschrieben (Erste Abtheilung, Die Labroiden). Annalen des Wiener Museums der Naturgeschichte v. 2: 325-471, Pls. 29-30.

  • 分類

    スズキ目 シクリッド科

  • 原産地域

    南アメリカ

  • 原産地

    ボリビア, エクアドル, フレンチギアナ, ペルー, コロンビア, ブラジル

  • 成魚サイズ

    18cm

  • 流通名

    ジュルパリ

在庫情報

2020.08.01更新

  • 1尾

    2200円

シクリッド類。

南米を代表する中型シクリッドです。
突出した口を使い、砂を吸い込んでは吐き出す仕草。
オリーブグリーンの体色と大きな鰭。
体側に列を成す光る小点は、他にあまり見ない特徴です。

全長約6cmの若魚をご提供します。
1尾¥2200。

送料:基本はヤマト宅急便にて発送。東京からおおよその規定料金¥980~とします。
同梱も可能。

配送:東京荒川区の店舗から往復30分内外の地域へ配送致します。
料金は一律¥900です。内容は生体、器具などです。
配送時間はご相談ください。
メリットは生体が当日着きますのでダメージがありません。
発泡スチロールなどのごみが出ません。
宅急便より割安です。まとめ買いは非常にお得。

注意:お受け取り日時の指定が無い場合、即日発送、もしくはこちらの都合で発送致します。
お受け取り日時は、都合により変更になることがありますので、
悪しからず、ご了承ください。
店頭での販売は、即決価格になります。

詳細説明

サタノぺルカ属 Satanoperca の魚種は、2020年現在まで7種が記載されている。
他にも未記載種として複数の魚種が挙げられているが、未だに記載されていないようだ。
南米大陸には、多くの未記載種が存在することは既知の事実だが、論文中に記載せずに未記載種であることを示すことはあまりない。
ジュルパリ S. jurupari はサタノぺルカ属の中で最も古く記載された種であり、最も私たちになじみのある種類でもある。
しかし、現在ジュルパリとして輸入されている個体が、本当のジュルパリであるかどうかは疑わしい。
本種と非常に似通った種類が数種記載されているからである。
たとえばレウコスティクタ S. leucosticta やマピリテンシス S. mapiritensis である。
特にレウコスティクタはジュルパリとして販売されていた経緯がある。
頭部に広がる点模様は、ジュルパリと比較して多く、成魚になると薄赤色などの色彩を帯び非常に美しい。
困ったことに、幼魚期にはその区別はほとんどつかない。
それでもサタノぺルカであることが分かるのは、これらの魚種の持つ突出した吻端形状と生時における砂を食む独特の行動からだろう。
蛇足に成るが、本種の英名は Demon eartheater 。
直訳では地球を食う悪魔の意味だが、一生懸命水底をほじくる様子を Demon で表わした言葉だろう。
サタノぺルカ属には学名のデーモン S. daemon がいるが、この英名は Demon ではなく Threespot eartheater との事である。