デスモプンチウス・ヘキサゾナDesmopuntius hexazona (Weber, de & Beaufort, 1912)

  • 記載

    Weber, M. and L. F. de Beaufort 1912 "Fische". In: Durch Zentral-Sumartra. Von Alfred Maass... Berlin. Durch Zentral-Sumatra. Von Alfred Maass... Berlin. v. 2: 522-541, Pls. 11-12.

  • 分類

    コイ目 コイ科

  • 原産地域

    インドネシア、東南アジア

  • 原産地

    スマトラ, カリマンタン, タイ, マレーシア, シンガポール

  • 成魚サイズ

    5cm

  • 流通名

    プンティウス・ペンタゾーナ

在庫情報

2019.12.07更新

  • 1尾

    350円

コイ類。

体側に6本の横縞を持つ可愛らしいバルブです。
状態により赤茶の体色になり、鱗の縁辺はブルーに輝きます。
小型で大きく成らず、小さな水槽でも飼育可能です。
丈夫でお勧めの魚種です。

1尾¥350。

送料:基本はヤマト宅急便にて発送。東京からおおよその規定料金¥900~とします。
同梱も可能。

配送:東京荒川区の店舗から往復30分内外の地域へ配送致します。
料金は一律¥900です。内容は生体、器具などです。
配送時間はご相談ください。
メリットは生体が当日着きますのでダメージがありません。
発泡スチロールなどのごみが出ません。
宅急便より割安です。まとめ買いは非常にお得。

注意:お受け取り日時の指定が無い場合、即日発送、もしくはこちらの都合で発送致します。
お受け取り日時は、都合により変更になることがありますので、
悪しからず、ご了承ください。
店頭での販売は、即決価格になります。

詳細説明

本種も、東南アジアに分布する他の小型コイ科魚類同様、色々な学名で呼ばれてきた。
ヘキサゾナの種名は、数十年以前に使用されていた名前で、現在観賞魚業界で使用されているペンタゾーナに代わるものであり、復活した学名と言える。
ただ、筆者としては未だ疑問に思うことがある。それは目を通るラインから数えて5番目と6番目の尾柄部に位置する横縞に関して、その距離が個体により明らかに異なっている事である。
これは個体変異ではなく、明らかに輸入されるロットにより異なっているのである。現在の分類からすれば、おそらく別種になるであろう違いが見られるのであり、画像の個体は未記載種であるとも考えられる。