ワイツマニーテトラPoecilocharax weitzmani Géry 1965

  • 記載

    Géry, J. 1965 (12 July) Poissons characoïdes sud-américains du Senckenberg Muséum, II. Characidae et Crenuchidae de l'Igarapé Préto (Haute Amazonie). [Fin]. Senckenbergiana Biologica v. 46 (no. 3): 195-218, Pls. 18, 18a.

  • 分類

    カラシン目 クレヌクス科

  • 原産地域

    ブラジル、南アメリカ

  • 原産地

    アマゾナス州, ヴェネゼーラ, ペルー, コロンビア

  • 成魚サイズ

    4cm

  • 流通名

    ワイツマニーテトラ

在庫情報

2019.03.19更新

  • 2尾

    1200円

  • 5尾

    2250円

カラシン類.

悪食な顔をしながら、実はおとなしいテトラです。
近縁な種がほとんど発見されず、珍しく個性的な仲間です。
成魚は赤茶の体色に、サファイアブルーに光る波線を体側に持ち美しく
雄の個体は、背鰭、尻鰭が大きく成長します。
超小型種(1.5~2cm)と思われていますが、
飼い込めば3cm程の大きさにまで成長します。

2尾¥1200、5尾以上1尾¥450。
  注:雌雄指定は出来ません。

送料:基本はヤマト宅急便にて配送。東京からおおよその規定料金¥980~とします。
同梱も可能。

配送:東京荒川区の店舗から往復30分内外の地域へ配送致します。
料金は一律¥900です。内容は生体、器具などです。
配送時間はご相談ください。
メリットは生体が当日着きますのでダメージがありません。
発泡スチロールなどのごみが出ません。
宅急便より割安です。まとめ買いは非常にお得。

注意:お受け取り日時の指定が無い場合、即日発送、もしくはこちらの都合で発送致します。
お受け取り日時は、都合により変更になることがありますので、
悪しからず、ご了承ください。
店頭での販売は、外税価格になります。

詳細説明

ワイツマニーテトラ Poecilocharax は2023年現在4種が記載されている。
よく知られている P. weitzmani の他、ギアナ限産のボヴァリオルム P. bovaliorum アマゾン・マデイラ河水系のカリプテルス P. callipterus とリゾピルス < P. rhizophilus がいる。
後者の2種に関しては2022年の記載でもあり、あまり知られていないようだ。
既知種2種と比較しラインなどは無く模様は地味だが、体側の黒点が特徴になっている。
何れも性的2型があり、特にカリプテルスは背鰭が長く伸長する。
尾柄下部の大きな1黒点と尾鰭の小黒点もこの種の特徴になっている。
今後入荷すれば、話題になる可能性を持つと推測される。
何れも小河川の岸寄りの流れの少ない水草の中や、水中に入り込んだ木の根の間などに潜んでいる。
余談になるが、筆者はこの2種の採集地を数度訪れているが、発見に至らなかった。
時間をかけて調べれば、まだまだ新しい種類が足元にもいるものである。