ホプロカラックス・ゴエセイHoplocharax goethei Géry, 1966

  • 記載

    Géry, J. 1966 Hoplocharax goethei, a new genus and species of South American characoid fishes, with a review of the sub-tribe Heterocharacini. Ichthyologica, the Aquarium Journal v. 38 (no. 3): 281-296.

  • 分類

    カラシン目 アセストロリンクス科

  • 原産地域

    ブラジル

  • 原産地

    アマゾナス州

  • 成魚サイズ

    6cm

  • 流通名

    ホプロカラックス

在庫情報

2019.10.20更新

  • 1尾

    1800円

  • 2尾

    3200円

カラシン類。

以前は珍品の代表種でした。
そもそも、この学名を知っている方はごくわずかでした。
プラゼール水生生物研究所によって、おそらく初めてカラー写真が公開された種類です。
菱形をした独特の体型と、大きな赤い目が、本種の特徴です。
他のカラシンより餌付きが悪く、十分なトリートメントが必要です。

ご提供するのは、全長約3cmの成魚です。
1尾¥1800、2尾以上1尾¥1600。

送料:基本はヤマト宅急便にて配送。東京からおおよその規定料金とします。
同梱も可能。

配送:東京荒川区の店舗から往復30分内外の地域へ配送致します。
料金は一律¥900です。内容は生体、器具などです。
配送時間はご相談ください。
メリットは生体が当日着きますのでダメージがありません。
発泡スチロールなどのごみが出ません。
宅急便より割安です。まとめ買いは非常にお得。

注意:お受け取り日時の指定が無い場合、即日発送、もしくはこちらの都合で発送致します。
お受け取り日時は、都合により変更になることがありますので、
悪しからず、ご了承ください。
店頭での販売は、即決価格になります。

詳細説明

いまだに1属1種の魚種である。大きく変わったのは分類される科が変化したことである。
以前はカラシン科 Characidae、カラシン亜科 Characinae に分類されていたが、現在ではアセストロリンクス科 Acestrorhynchidae =パイクカラシン科に置かれている。
置かれている科を変更されることはそうある事ではないので、これは大きな変化と言えるが、それだけ系統的な分類が進んでいることの表れでもあるだろう。