Centromochlus perugiae Steindachner, 1882
ゴールデンレオパードタティア

  • 記載

    Steindachner, F. 1882 Beiträge zur Kenntniss der Flussfische Südamerika's (IV). Anzeiger der Kaiserlichen Akademie der Wissenschaften in Wien, Mathematisch-Naturwissenschaftlichen Klasse v. 19 (no. 19): 175-180.

  • 分類

    ナマズ目 アウケニプテルス科

  • 原産地域

    南アメリカ

  • 原産地

    ペルー, コロンビア

  • 成魚サイズ

    4cm

  • 流通名

    ゴールデンレオパードタティア, ブルーレオパードタティア

在庫情報

2019.02.08更新

  • 1尾

    1400円

  • 1ペア

    2900円

雌 成魚
雄 成魚

ナマズ類。

黄色い体色に大きな黒いブロッチを持つ、派手なタティアです。
タティアの中では最も有名な種類で、大型にならず
飼育しやすい種類です。

1尾 ¥1400。
1ペア¥2900。

送料:基本はヤマト宅急便にて配送。東京からおおよその規定料金とします。 
   同梱も可能。

配送:東京荒川区の店舗から30分以内の地域へ配送致します。
   料金は一律¥500です。内容は生体、器具などです。
   配送時間はご相談ください。
   メリットは生体が当日着きますのでダメージがありません。
   発泡スチロールなどのごみが出ません。
   宅急便より割安です。まとめ買いは非常にお得。

注意:お受け取り日時の指定が無い場合、即日発送、もしくはこちらの都合で発送致します。
    お受け取り日時は、都合により変更になることがありますので、
    悪しからず、ご了承ください。
     店頭での販売は、即決価格になります。

詳細説明

そもそもタチア(タティア)ではない。
商品名ゴールデンレオパードタティアもしくはブルーレオパードタティアには Centromochlus altae と Centromochlus perugiae の2種が含まれるが、商品名上は区別されていない。
外見ではペルギアエの方が派手で黒斑が細かく、アルテアの方が黒斑が大きく地味である。
性格は2種とも同様で夜行性であり、大きな違いは無い。
食性も同様で、人口飼料や冷凍赤虫に良く餌付く。
小形の種類であるが、夜行性の肉食性であるため、小形の魚種との混泳には注意が必要である。
分布はコロンビア、ペルーだが、輸入はもっぱらペルーのようである。